banner_8banner_9banner_6

LogMeOnce is a US based organization. All other trademarks or registered trademarks are the property of their respective owners.

LogMeOnce Password Manager Adds Photo Login

Picture1
報道による: Stephanie Mlot

Despite almost daily computer hacks, many of us use seriously dumb passwords. Cloud-based security solution LogMeOnce, 但し, has a new solution.

The company’s PasswordLess PhotoLogin allows users to sign into any website using—you guessed it—a photo. Simply take a picture on your desktop, then approve or reject the image via a trusted mobile device to gain access.

To get started, click the PhotoLogin icon on the LogMeOnce home screen to snap a picture of yourself, or anything near you, to mark a current location identifiable to you. Don’t like selfies? Capture your mug, mousepad, or even your pet.

記事全体を読む

This program lets you snap a photo of whoever’s trying to hack you

報道による: Hayley Tsukayama

Have you ever gotten an e-mail from a service warning that someone is trying to hack into your account and wondered: Who is doing this to me?

A password manager called LogMeOnce now gives you the option to take a picture of whomever is trying to access the accounts that you’ve registered with its service. It does this by hacking the hacker’s camera, whether that is attached to a computer or mobile device, and secretly taking a photo.

The feature, which is called Mugshot and launched Tuesday, also provides you with information on where your attacker is located and the hacker’s IP address — the unique set of numbers that identify each computer on a network. And it offers the option to grab a photo from the rear-facing camera of a mobile device, so you can get a look at the hacker’s surroundings.

記事全体を読む

The Rise of the Selfie Authentication as a New Security Factor

Picture1
報道による: David Strom
Award-winning editor

The idea is a good one: Use the cellphone camera to take a selfie and employ it as another login authentication credential.

Say Cheese
どちらも MasterCardLogMeOnce のタイプを導入しています selfie authentication. The MasterCard process is very straightforward: If someone is buying a product from a participating merchant, the customer will get a push notification to the mobile device, which opens the selfie authentication app.

MasterCard announced its app last fall. Another vendor, LogMeOnce, そのに最近追加された自分撮り認証 multifactor authentication サービス. LogMeOnce claims several hundred apps are already supported with the process. They rely on the end user verifying the photo on their mobile device — you can swipe right and left to see GPS and IP address details for further confirmation of your identity — and then use the photo as a master password to unlock your password vault.

記事全体を読む

One picture can unlock all your apps

Picture1
報道による: Alison Vayne

What if you never had to remember another password again?

That’s the promise coming from LogMeOnce, a company that says it can store all your passwords in one secure place and has developed a new feature called PhotoLogin. Just as its name suggests, people’s passwords are protected by a picture. If you want to log into a website or an app, all you have to do is snap a photo of that same image using your computer’s webcam.

Instead of relying on a computer to figure out if the photo is accurate, LogMeOnce sends the photo to you on another device and asks if it’s OK. You say yes, and you’re in.

記事全体を読む

Biometrics is the new cool – – LogMeOnce goes password free

cw
報道による: Ben Kepes

The past few years have seen an ever-increasing avalanche of high-profile and high-impact data breaches.

There are, もちろん, myriad different ways for bad players to access someone’s account nefariously but one of the more popular ways is via password infiltration — the genesis of a stolen password is somewhat irrelevant, since once the password falls into the wrong hands, access is absolute.

Another biometric approach, and one being introduced by LogMeOnce today is PhotoLogin — a feature which, as the name suggests, enables users to log into any website simply by using a photo. This is actually one of four different secure login options offered by the single sign-on (SSO) and authentication company.

記事全体を読む

US military proposes secure, self-destructing messaging app

Untitled
報道による: ブルッククローザーズ, James Rogers

アメリカ. 軍は新しい超安全ですメッセージング技術と自己消滅を必要とします. 聞き覚え?

思うSnapChat. それは何の国防高等研究計画局の重要な部分です (DARPA) is aiming to do via a request for proposals posted on a DOD Web page. プロジェクトのフェーズIIIでは, DARPAは、それが「...一回目のメッセージのみを提供することができ、安全なメッセージングシステムを必要とする必要,「他の機能のホストのうち、.

ケビンShahbazi, CEO of cloud-based security specialist LogMeOnce told FoxNews.com that because messages and transactions are distributed and not kept in one central location, ハッキングは非常に困難であり、すぐに検出され, blockchain作る透明で、より信頼できます. 「これは素晴らしい動きであります, 多くの起業家は袖をロールアップし、この分野への貢献を開始するために、道路を舗装します,"と彼は言った, メールで. 「DARPAのタスクが重要です, それが市場全体を支援します。」

記事全体を読む

WHY A FORMER OLYMPIC ATHLETE WANTS TO KILL YOUR PASSWORD

zy
報道による: Leslie Nguyen-Okwu

Inside Yahoo’s mission control, Dylan Casey is waging a battle. His method: killing your パスワード. The hawkish vice president of product management, 45-year-old Casey, launched Yahoo’s Account Key last year, which he now lauds as an easy way to log in to your account without creating a string of letters and numbers you’ll forget in 30 seconds. No need to rack your brain later on. Instead, it’s the company’s responsibility.

There are still other options: パスワードマネージャ LogMeOnce lets you through with a quick photo as of June and Google and Microsoft are both testing voice, Bluetooth and body-movement initiatives. Indeed, Casey was months ahead of the game when he launched Account Key last October. Asked about how his technology competes, Casey says, “All boats rise with the tide.”

The experts say Casey’s work is technologically solid: “Yahoo has done a great job. The key to your kingdom must be a good key, 権利?” says ケビンShahbazi (of LogMeOnce), a cybersecurity expert with more than 25 years in the field. Shahbazi says forcing companies and devices to recognize login information, rather than users, is powerful.

記事全体を読む

Access your account with the snap of a photo thanks to LogMeOnce’s PhotoLogin

Picture4
報道による: Christian Looper

LogMeOnce is already a pretty serious contender in online security — through the password management service you can log in to websites using fingerprint biometrics, PIN codes, and a password, and starting now, you’ll be able to log in simply by taking a photo.

The new feature is called PhotoLogin, and to use it you simply take a photo on your desktop, then approve it on your smartphone. このように, you won’t need to remember a password, or remember to frequently change your password.

Of course, PhotoLogin shouldn’t be used alone. By default it will act as a third factor of authentication in LogMeOnce.

記事全体を読む

What Too Many Startup Founders Get Wrong About Success

Startup Founders

The Entrepreneur Insiders network is an online community where the most thoughtful and influential people in America’s startup scene contribute answers to timely questions about entrepreneurship and careers. Today’s answer to the question “How do you stay inspired to run a business?” is written by Kevin Shahbazi, cofounder and CEO of LogMeOnce. An accomplished serial entrepreneur, Kevin Shahbazi has cofounded multiple successful companies, 応用技術など、, トラストデジタル, eView技術, とアボカドのセキュリティ.

When it comes to starting a business, there are quite a few factors that determine success. Achieving it isn’t based on luck. Successful people are passionate and inspired about what they do every day. Without inspiration, it is difficult to find success.

During LogMeOnce’s inception, we went back to our collective experiences, dug deep into our company roots, and created a checklist of what we found most important in order to build a company that would benefit our users and keep us inspired. This checklist is what I look back on for daily inspiration. It reminds me where I started from, what I have accomplished, and how I can get to that next level of success.

記事全体を読む

Your Next Password Might Be a Selfie

mental
報道による: Shaunacy Ferro

We often have to create new accounts for virtually everything. 今, logging in could be as easy as snapping a selfie. The password manager LogMeOnce recently debuted PhotoLogin, a service where you can log into applications with a picture of yourself.

The new program is similar to a two-factor authorization system but without the hassle of entering in long codes. In order to log in, you take a photo of yourself using your webcam. PhotoLogin sends the photo to your phone. You verify that it’s your image on your phone and click a button to authenticate the login. Each image is only used once and self-destructs after 60 seconds. You can see the GPS and IP address details for each request, so if someone else is trying to break into your account, that will alert you.

記事全体を読む

LogMeOnce Password Manager Adds ‘Passwordless’ 2FA With Photos

solution
報道による: Jeff Edwards

LogMeOnce’s patented PhotoLogin technology is now one of four login options offered by LogMeOnce. Other options include Fingerprint Biometrics, PIN and password. LogMeOnce claims that their “PasswordLess PhotoLogin” MFA approach “revolutionizes login and authentication behavior”, and “greatly improves security and reduces the risk of hackers by employing Multi-Factor Authentication (MFA) that users authenticate themselves.”

Users gain access to their account with PhotoLogin by taking a photo on their desktop and approving (または拒否) 選択された信頼されるモバイルデバイス上の写真.

基本的に, this process mirrors other SMS 2FA processes but replaces a one-time passwords with personalized photos, which could be harder for hackers to intercept. Each photo expires in 60 seconds and “self-destructs” after the very first use, according to LogMeOnce, so your photo “password” is unique every single time.

記事全体を読む

LogMeOnce Offers Mobile Pic Authentication Option

mobile
報道による: Alex Perala

Authentication solutions provider LogMeOnce has announced a new two-factor authentication system called PhotoLogin.

The idea is to let users authenticate via selfie: When using the system to log in to an online application, a user takes a photo of herself via her desktop or laptop computer, and that image is then sent to her mobile app for confirmation; from there, she can swipe the image to access metadata such as GPS, IP address, or time stamp, and must verify or reject it.

It isn’t based on facial recognition, and it doesn’t actually matter whether the image features the user’s face. It could be a picture of anything. What matters is that the user gets a mobile notification for each login attempt, and that becomes a second authentication factor, complementing other credentials such as a PIN or password, as the user must confirm or deny the login attempt.

記事全体を読む

Can entering a password be as easy as taking a selfie?

bva
報道による: Lindsey Kravitz

Most of us have heard of two-factor authentication, but photo login? This is an entirely new concept. Cloud-based security solution, LogMeOnce, has released PasswordLess PhotoLogin which allows users to sign into any website, just like one would expect from any password manager, but with a photo!

Two-factor authentication is a preferred extra layer of security that uses a password and username in combination with something that only the user has on them such as a piece of information only the user knows or a physical token. With PhotoLogin, this second piece of information is a photo, taken on the desktop and then approved or denied via a trusted mobile device to gain access. So rather than a code being sent to your mobile device, the photo serves as the code.

When you click the PhotoLogin icon on the LogMeOnce home screen, you are prompted to snap a picture of yourself, or really anything you would like, even a stapler or your dog.

記事全体を読む

Understanding The LinkedIn Leak: How Bad Is It Really?

Untitled
報道による: Matthew Hughes

While this episode is a continuing headache for LinkedIn, it will inevitably be worse for the thousands of users whose data has been splashed online. Helping me make sense of it is Kevin Shahbazi; a leading security expert, and the CEO and founder of LogMeOnce.

Sitting down with Kevin, the first thing he did was emphasize the enormity of this leak. “If the figure of 117 million leaked credentials seems to look gigantic, you need to regroup yourself. In the first quarter of 2012, LinkedIn had a total of 161 million members. This means that hackers at the time did not just take 117 million records.”

“In essence they took away a whopping 73% of LinkedIn’s entire database of membership.”

記事全体を読む

LogMeOnce: Safe, fast, and secure password management (Review)

Untitled
報道による: Josiah Ward

For some, password managers are an essential part of life. For others, they’re quite unnecessary. Personally, prior to doing this post, I was in the second camp. Why would I want to give my passwords to some company I had never heard of and then shell out money for a glorified password journal? That is, I felt this way until LogMeOnce made me reconsider.

Just a few of LogMeOnce’s features are password randomization, single sign-on, X.509 certificate authentication, backup and restore, and much more. 但し, there’s one feature that makes it stand out: Mugshot. This feature makes it so that when someone attempts to log into your LogMeOnce and fails, it takes a photo of them and collects their IP. If the login attempt wasn’t you, there’s an easy option to report it. As you can see in my screenshot to the right of this, my failed attempt was captured with a front and back facing photo, device info, my IP at the moment, and the exact date and time it happened. I should’ve reported myself but I got the login right on the second try, so all was good with the world.

記事全体を読む

6 Tips for Teaching Teens How to Be Safe Online

Untitled
報道による: Safe Smart Social Team

Teens are constantly on the Internet shopping, emailing, watching videos, talking to friends and posting on social media, so it’s important to teach them how to be safe online. If your child is at home on the computer, you might take comfort in knowing he or she is safe at home, but what you don’t realize is that there are plenty of security risks that stem from spending time online.

Protect your passwords
Passwords provide access to all of your teen’s important personal data, so it’s crucial to practice good password hygiene yourself so that your teen can learn from you. Your number one rule should be stop reusing passwords.

The best way to keep passwords strong and securely share passwords is to use a password manager. A free password manager, like LogMeOnce, ensures you can keep track of who has access to what passwords and also provides additional layers of security. Password managers allow you to create random, unique passwords for each site you use to ensure the password is as secure as possible.

記事全体を読む

6 easy and affordable data security tips that actually work

Untitled

How much time do you spend thinking about protecting your data? When was the last time you changed your passwords? If someone tried to hack into your organization or personal computer, would you know about it?

残念ながら, most cyber attacks and data breaches go unnoticed… until it’s too late. And in today’s day and age of social media, mobile usage, and the internet-connected technology, it’s important to ensure you are fully protected.
So what can you do as a consumer to protect yourself? Here are six data security tips you can easily implement that are easy, affordable, and actually work.

1. Secure your phone with a passcode and set a timeout
2. Sharing ISN’T caring
3. Take two steps ahead

記事全体を読む

How Spotify Got Stung, And Why You Should Care

Untitled
報道による: Matthew Hughes

The latest Spotify leak might be the strangest one yet. Hundreds of accounts have been splashed on Pastebin. These accounts have already been accessed, with many having had their emails changed. But not only do we not know who is behind the leak, Spotify is adamant it hasn’t been hacked. そう, what’s really going on?

To find out, I arranged a chat with Kevin Shahbazi, security expert and CEO of password management firm LogMeOnce. Kevin has built himself a name in the security industry. He has launched several different infosec companies, of which one — Trust Digital, who specialize in enterprise-level smartphone security — was acquired by McAfee in 2010.

Kevin’s expertise in the security field is undeniable, and I wanted to find out what he made of this latest data breach. Over a flurry of emails sent on a Tuesday evening, I grilled him on who might be behind the leaking, what was so wrong with Spotify’s response, and what affected users can do to protect themselves.

記事全体を読む

Keeping your kids safe along with your network

Untitled
報道による: Josh Fruhlinger

Corporate IT security pros who have to lecture employees on proper security protocols may feel like they’re dealing with recalcitrant children. So imagine how pros who have to deal with actual children — or at least teens and college students — feel. We talked with a variety of people who work with teens on tech security issues to find out what’s different about this user group. Remember: the children are our future, so we need to learn what we can now.

Jim Ivers, chief marketing officer at Cigital, points out that “teenagers grew up in a world where Web apps and mobile apps were standard, so they don’t carry the natural cynicism and distrust inherent with older generations. While this may not make them susceptible to specific attacks, it does mean that they are more vulnerable to providing personal data.“

That trust can also extend to their friends and romantic partners as well, to an extent that might seem strange to adults. ケビンShahbazi, CEO of LogMeOnce, says “sharing passwords among a group of friends is common. This sometimes leads to bizarre pranks, such as announcing a pregnancy on a social media account, where the actual account owner is not even aware of it.

記事全体を読む

DARPA, NATO Looking at Military Applications of Blockchain Technology

Untitled
報道による: Giulio Prisco

DARPA wants to leverage blockchain technology to create a secure messaging service. The request for proposals, titled “Secure Messaging Platform” and listed under the Small Business Innovation Research (SBIR) Program, targets a messaging platform able to transfer messages via a secure decentralized protocol that will be secured across multiple channels, including, but not limited to: transport protocol, encryption of messages via various application protocols and customized blockchain implementation of message deconstruction and reconstruction, and decentralized ledger implementation.

This is a fantastic move, and will pave the road for many entrepreneurs to roll up sleeves and start contributing to this sector” said Kevin Shahbazi, CEO of cloud-based security specialist LogMeOnce, として reported バイ Fox News. 「DARPAのタスクが重要です, それが市場全体を支援します。」

Shahbazi added that blockchain technology is more trustworthy than legacy systems because messages and transactions are distributed and not kept in one central location, which makes hacking more difficult and at the same time easier to detect.

記事全体を読む

The Password Problem – How to Stay Secure

Untitled
報道による: Tech Guy, London

Most of us have a “password problem” using and reusing (and reusing) passwords like “Jackson$25” to log in to sites like Gmail, フェイスブック, online banking and more. Although it is easy for you to remember the one fairly strong password you constantly reuse, it is equally as easy for snoopers and hackers to snatch it too, and ultimately have access to multiple accounts.

Once a hacker has access to the “duplicate” password, they can “duplicate” their un-authorized access to those other aforementioned sites. With access to an account like your email, they can scan your inbox to find communication where you had requested a “Password Reset” by clicking on “Forgot Password” and then get access to additional accounts.

This is just one way for hacker to access your personal information, but hackers can throw multiple baits at you through multiple accounts, so that you or your service provider reveal other pertinent information. When it comes to generating, managing and protecting passwords, you may be hit with dozens of unique attacks coming in from multiple directions, so a hacker has a lot of opportunity to steal your data.

記事全体を読む

Catch hackers in the act with LogMeOnce Mugshot

Untitled
報道による: Jonathan Keane

LogMeOnce has announced a new feature for its password manager software that claims to track the location of someone trying to gain access to your account without permission, even taking a photograph of the intruder.

LogMeOnce’s Mugshot tracks unsuccessful log in attempts on your account, then takes a photo of the “hacker,” logs their IP address, GPS location, and adds a timestamp before emailing all of this over to you without the intruder knowing.

“Mugshot is like an alarm system for your digital property,” said Kevin Shahbazi, LogMeOnce CEO. “The technology creates a digital fence around your account to detract hackers from entering. For those hackers willing to hop the “fence,” an alarm is set off and action is taken so users can have a clear understanding of who is hacking them and where the threats are coming from.”

記事全体を読む

新KeRangerランサムウェアは、Mac OS Xをターゲット

eSecurity
報道による: ジェフ・ゴールドマン

月上 4, 2016, パロアルトネットワークスの研究者は、伝送BitTorrentクライアントのOS Xインストーラが未検出ランサムウェアに感染したと判断し, 研究者はKeRangerを呼び出しています. これは、明らかにされるのMac OS Xをターゲットにのみ第二ランサムウェアです, でFileCoderのランサムウェアのカスペルスキーの発見された後 2014.

LogMeOnce CEOのケビン・Shahbaziは、IT部門がこのような攻撃から企業システムを保護するには、次の手順を取ることを示唆しました:

  • 制御された環境において、, 彼らはユーザーのデスクトップに展開する前に、ITチームは、パッチをテストして検証する必要があります.
  • IT部門は、組織のポリシーに基づいてソフトウェアパッチをテストするために十分な時間を取る必要があります. いくつかの組織で, パッチはテストが行​​われます 30 適用される前の日.
  • IT部門は、最初のグループを選択するためにパッチを派遣することによって制御ロールアウトを実行する必要があります, パッチロールアウトと検証の一環として、.
  • IT部門は、ソフトウェアパッチは、本物のデジタル署名を持っていることを確認する必要があります.

“最初のステップは、予防であります, ソフトウェアを展開し、セキュリティポリシーおよび手順を実装することで、事前に計画する必要があります,” Shahbaziが追加しました. “セキュリティが階層化システムとして扱われるべきであるということを覚えておいてください。, ので、あなたのセキュリティ姿勢は守備層を含める必要があります。”

記事全体を読む

LogMeOnce: Password manager takes a photo of anyone trying to hack into your accounts

Untitled
報道による: Mary-Ann Russon

A password manager has decided to take cybersecurity into its own hands by releasing a feature that conducts covert surveillance of any hacker who tries to access your accounts.

LogMeOnce is password management solution that works with PCs and Macs, as well as Android and iOS devices, to store passwords so that do not have to remember multiple passwords every time you try to log in to services online.
Hackers have been trying to gain access to online accounts since the beginning of the internet when it was just webmail, and these attempts have not abated in the slightest, so LogMeOnce has come up with a new feature called MugShot.

The hacker trying to illegally access your accounts won’t be able to stay anonymous for long, LogMeOnceによってもMugshotのようなアカウントの保護ツールは一般的になっている場合.

記事全体を読む

Ransomware: the rules of engagement

Untitled
報道による: Ryan Patrick

It will never happen to our organization.

If there ever was an issue that prompts IT professionals to make the above statement, the rise of ransomware might be it. But this week’s news that a medical facility based in Los Angeles paid out a US$17,000 ransom to hackers who infiltrated its electronic medical records (EMR) system and disabled its computer network —

According to Kevin Shahbazi, CEO of multiplatform mobile security provider LogMeOnce, paying any ransom should not be the first option.

“As painful as it may sound, such acts should not be rewarded…you really don’t know who you are dealing with. The hacker could be advanced enough to leave behind additional traps for you,” Shahbazi said. Instead of paying off the hackers, he offered that organizations should first look to immediately patch any security holes within the environment.

“Proper security best practices will help you in the long run, rather than sleeping with the enemy. Do your homework, have your backup, educate end-users, and use a solid password management tool that does more than keeping passwords in a vault. Look for one that has capability to detect hackers if they attempt to get in,"と彼は言った.

記事全体を読む

ハッカー[写真と場所をキャプチャLogMeOnce増強のもMugshot機能

Untitled

LogMeOnce, a leading cloud-based security solution, today announced a comprehensive software update to its LogMeOnce password manager for consumers. The mobile and desktop password manager’s Application Catalog now supports over 4,500 websites and applications to ensure safeguarding your passwords with LogMeOnce is easier than ever before.

Unlike other consumer password managers, LogMeOnce doesn’t only prevent hackers from accessing your accounts, it also helps you catch them in the act. When an intruder tries to log into your account and makes an incorrect password attempt, LogMeOnce’s Mugshot takes the hacker’s photo and collects pertinent information, such as the person’s IP Address, GPS location and time stamp, and silently emails it to you in the background for you to reference. Similar in theory to apps like “Find my iPhone,” Mugshot protects consumers by exposing the identities and the locations of hackers.

記事全体を読む

LogMeOnce seeks to reducing password problems

Untitled
報道による: Ian Murphy

Turning the tables on the hackers

One of the interesting features of LogMeOnce is something called Mugshot. There are thousands of posts on the Internet where device thieves have found their photos uploaded to the cloud photo storage of their victims. This has made it easier for law enforcement to identify and charge people with the theft of mobile phones, tablet computers and even laptops.

LogMeOnce has taken this a step further. If anyone attempts to connect using your credentials, it logs an image of them through whatever device they are using. It also captures other data about the device they are using such as IP Address, the GPS location of the device and time stamp. All of this is done silently in the background to prevent the potential hacker knowing what is going on.

記事全体を読む

Data Privacy Day a Good Chance to Review How You Protect Information

Untitled
報道による: Sue Marquette Poremba

Today is National Data Privacy Day. I swear, we have days for just about everything – January 28 is also National Kazoo Day and National Blueberry Pancake Day – but a day to focus on data privacy makes a lot of sense. There are a lot of dangers that could cause a lot of harm to your company’s data and your customers.

The National Cyber Security Alliance (NCSA) explained why focusing on and understanding data privacy is so important…

Better data privacy begins with better all-round security. That’s why Kevin Shahbazi, CEO of cloud-based computer security solution LogMeOnce, shared with me a list of data privacy recommendations that include using two-factor or multi-factor authentication whenever possible, installing updates and patches immediately, and being smarter about password use – suggestions that work for BYOD as well as office security. They are simple tips, but as we’ve seen time and time again, it is the most simple security measures that get ignored and end up causing the most damage.

記事全体を読む

Data Privacy Day 2016: Six essential security tips

It Pro Portal
報道による: Mark Wilson

Data Privacy Day may not sound like the most exciting event to add to your calendar, but it serves as a hugely important reminder of the value of security. 28 January is the big day, and there has never been a better time to ensure that you are following best practice – and there’s no reason not to get started ahead of time.

For the uninitiated, it can be hard to know where to start and what to consider. Even for tech stalwarts it can be helpful to have a reminder of what can be done to increase privacy and security. With this in mind, ケビンShahbazi, CEO of cloud-based password management system LogMeOnce, has a number of tips to share

記事全体を読む

FBI Warns Time Warner Cable of Possible Data Breach Affecting 320,000 Customers

Softpedia
報道による: Catalin Cimpanu

According to a company representative, the FBI found information about 320,000 Time Warner Cable customers, information that included customer email addresses, and their associated passwords.

“One of the weakest links is an attack through a third-party company as they may have a softer security posture,” ケビンShahbazi, security expert and CEO of LogMeOnce, a cloud-based computer security solution. “A similar attack at Target manifested itself via a third part company (HVAC vendor).“

“Anytime an unfortunate event such as a hack or password leak happens, there is a lesson to be learned by the customers, end users and the vendor,” Mr. Shahbazi also added. Let’s hope Time Warner Cable learns not to trust third-party companies with the passwords of 320,000 of its customers ever again.

記事全体を読む

Ahead in the new year

Politico
報道による: Tim Starks

WHAT TO EXPECT IN 2016 — Happy New Year! We’ve collected some of the top predictions about trends in 2016:

Expanded targets. The swelling Internet of Things — the increasing connections between the physical and digital worlds — along with the growth of wearable and mobile devices and data migrating to the cloud, all are good news for hackers. “Wearables, especially in densely populated areas, will become a target-rich environment for attacks because they collect personal data and are relatively insecure entry points into smartphones,” offered Kevin Shahbazi, CEO of LogMeOnce, and Joe Siegrist, CEO of LastPass, password management companies. The Information Systems Audit and Control Association, an association of information technology pros, predicts: “Because more data are shifting outside of organizations through use of hybrid and public clouds, 2016 will bring more attempts from cybercriminals to gain direct access to that information.”

記事全体を読む

LogmeOnceは、USB Two-Factor認証トークンにキル·ピルをテ​​クノロジーを追加

報道による: 市場の有線

LogmeOnce, ハードウェアとソフトウェアのパスワード管理会社, 今日3の新しい重要かつ不可欠なセキュリティ機能の追加を発表しました. また同社はまた、かなり前のキャンペーンの締め切りのそのキックスターターの目標を超えている. 三つの新しいセキュリティ機能は、紛失または盗難にあったUSBスティックの場合には、ユーザーを保護するために追加されました — リモートUSBキル·ピル·テクノロジー, USBジオロケーション·オプションおよびUSBデコイとファイル迷彩. LogmeOnceキル·ピル機能は、追加のセキュリティ層と悪人の手に落ちる情報とファイルのリスクを軽減するための強力な手段である.

“我々はすでに多くの理由のために抜群のパスワード管理プラットフォームである, しかし、我々は我々のユーザーのためにさらに多くの保護とセキュリティレイヤーを追加したいと思います,” 最高経営責任者(CEO)のケビンShahbazi氏は述べています. “今, あなたはあなたのUSBを紛失またはタクシーでそれを残せば, あなたはそれがどこにあるかを特定するためにLogmeOnceの地理位置情報技術を使用して、それを取得することができます, または単にリモート 'キル·ピルを送る’ それは、あなたの失われた、USBからデータをワイプ! 簡単にあなたのUSBストレージデバイスが使用できなくなることがあり. と, 誰かがあなたのUSBを見つけた場合, 私たちのファイルデコイと迷彩はあなたの情報の代わりに偽のファイルが表示されます. そこだけ何かがLogmeOnceセキュリティプラットフォームのようにそこにではなく、我々は常により多くのセキュリティ機能とレイヤーを追加している。”

記事全体を読む

LogmeOnce, USBスティックベースのパスワードマネージャ, キックスターターの目標に近づく

報道による: ビル·Flook事件

LogmeOnce, セキュアなUSBスティックを中心に構築され、パスワードで管理プラットフォーム, 調達する先月着手 $50,000 キックスターターに. 今, それはそのクラウドファンディングの目標をヒットしようとしてい, ととも​​に 12 余裕日.

これまでのところ, マクリーンの起動が調達している $47,417 から 220 サポーター. キャンペーンのタイミングがよかったことができませんでした, 大規模の中で立ち上げ, パスワード変更Heartbleedのバグによってもたらさのパニックラウンド. (マッシャブルはで、起動時に物語を見出し “Heartbleedヘルパー。”)

“私たちはこのようになるだろうと確信してい [目標],” CEO兼共同創設者ケビンShahbaziは言った, 連続起業家とモバイルセキュリティ会社トラストデジタルの元チーフ.

記事全体を読む

Heartbleedヘルパー: LogmeOnce作成して店舗賢いパスワード

報道による: パトリック·ガレスピー

Heartbleedバグがパスワード変更熱狂を引き起こし、サイバーセキュリティの不安をスパイク. 自動ログインといくつかのために, Heartbleedは、おそらく彼らのパスワードが最初の場所であったか覚えているためにそれらを強制的に.

それらを覚えてすることは一つのことである, 別の安全なそれらを維持, しかし、キックスターターキャンペーンは両方の問題を解決したい.

LogmeOnceは暗号化されたUSBを使用したパスワードの保存と創造プログラムです 2.0 安全なパスワードを保持し、あなたのファイルを保存するための技術. 代わりに自分のパスワードを作成する, LogmeOnceはあなたのための1を作成します. これ以上の巧妙な電子メールのパスワードを考えていません, LogmeOnceはそれを作成し、ログインのためにあなたの電子メールアカウントにしたいときにそれを覚えている. LogmeOnceはパスワードが必要なすべての他のアカウントに別々のパスワードを作る (されないもの?).

記事全体を読む

マクリーンベースLogmeOnce近づく $50,000 キックスターターでの目標

報道による: ポトマックTechWireエディタ

マクリーン, バージニア州. — LogmeOnce, 多目的USBのマクリーン·ベース開発, パスワードマネージャやセキュリティ侵害を防ぐために設計された携帯電話の充電器, ほぼという目標に達している $50,000 クラウドファンディングサイトKickstarterの上. 水曜日の朝の時点で, 同社は調達していた $48,459 から 222 サポーター, ととも​​に 12 キャンペーンに行くために日. ソフトウェア·ロードUSBスティックに格納、ユーザーのパスワードをすべて, その1マスターパスワードを使用してアクセスできます. ケビンShahbazi, LogmeOnceの最高経営責任者(CEO), 以前に共同で設立応用技術, トラストデジタル, eView技術とアボカドのセキュリティ.

記事全体を読む

Dropboxの暗号化セキュリティがLogmeOnceソフトウェアおよびハードウェアのパスワード管理に来る

報道による: 市場の有線

LogmeOnce, 革新的な新しいパスワードのセキュリティおよび管理システム, 本日、同社の26-層へのDropboxのセキュリティの追加を発表, 軍事レベルのオンライン保護ツール. LogmeOnce、パスワード管理のためのソフトウェアツールを提供するオンラインセキュリティ市場で唯一の企業です。, 追加のデータストレージとDropboxのファイルの暗号化をハードウェアUSBキー.

“LogmeOnce統合を使用すると、現在、暗号化することができます, あなたのDropboxを確保し、保護する, そのフォルダ, ファイルやコンテンツ全体,” LogmeOnceのCEOケビンShahbazi氏は述べています, その前の会社のMcAfeeに買収されました. “私たちは、セキュリティ強化のためのDropboxとLogmeOnce暗号化を統合するために私達に尋ねるユーザーコミュニティから非常に興味深い需要があることを理解する. LogmeOnceのセキュアUSBを追加すると、あなたのDropboxのストレージユニットに独自の南京錠を追加することに似ています. 最近のセキュリティ侵害のすべてに, LogmeOnceは、ユーザー自身に制御を渡しながら、多くの必要なセキュリティ層を追加する. 今、あなたはあなたの王国にセキュリティキーを持っている。 "

LogmeOnceを使用すると、コンピュータ上の暗号化されたフォルダを作成することができます, USBと今のDropbox. LogmeOnceも自動的かつ安全にお使いのPCまたはDropboxのにあなたのUSBファイルをバックアップ. ユーザーがLogmeOnceクライアントアプリケーションを使用してファイルを転送するとき, すべてのファイルは、自動的にAES-256暗号化で暗号化され、パスワードは保護されています. これがその利点のうちのいずれかのDropboxのを削除せず、必要なマイグレーションはありません.

記事全体を読む

グレート·スタンピード: Heartbleedバグの「パスワード変更」

報道による: ケビンShahbazi

脆弱性が発見された場合には、コンピュータを使用するほとんどすべての人に影響を与えることができる, どのように国民はそれを知る必要があります? Heartbleedバグの影響を受ける可能性があり、組織のIT部門と経営陣が先に来なければならない (もちろん), あるいは、我々は経験の浅いセキュリティベンダーは、よりセキュリティのためのドラムを打つ聞かせてください (これだけの問題が混乱し、脆弱性ははるかに悪化させる)?

代わりにHeartbleedバグの心臓部であるかについて合理的なアプローチの, 私たちは、問題で投げバンドエイドの束を得ている. これは、魚市場の途中で起きてしくじった手術のようなものだ. 国民は再び自分のパスワードに注意を払っに怖がってきている, 我々はまだ脆弱な彼らを残している.

それはだと言う 9 午前, あなたが熱心にお近くの量販店から新しいテレビを購入するために待っていた. しかし、あなたがそこに着くとき, 店長は、ドアの前に立って、別の時間に戻ってきて、お客様にアドバイスされている. 「私達はちょうどパイプバーストを持っていた水はどこにでもあります,」と彼は言います. 「私たちにあなたのための店を安全にするために一日を教えてください。「これは測定されたアプローチです. 彼は心の一番彼の顧客の利益を維持している, 彼は彼のドメインを保護するだ.

記事全体を読む

LogmeOnceは、暗号化されたUSBフラッシュドライブを発表 & キックスターターでのパスワードマネージャ

報道による: ロイター

ハッキングは、ユーザーがすべて新しいLogmeOnceパスワードマネージャに登録する過去のものです, そのキックスターターで、今日起動します 6 P.M. 軍事レベルの暗号化を利用, LogmeOnceは、ユーザーが自分のパスワードを管理し、自分のデスクトップから安全のウェブサイトにログインすることができます, クラウドまたは暗号化されたUSBスティック. LogmeOnceは1統合ソリューションを提供しています、市場で唯一の会社です。 — ソフトウェアキーやハードウェアキー — サードパーティとの統合を必要とせず, これは、エンドユーザーのためにも高いセキュリティを意味し、.

“今日の世界では, ユーザーは、通常、多くのインターネットアカウントを持っている, ユーザIDおよびパスワードの,” LogmeOnceのCEOケビンShahbazi氏は述べています, その前の会社, トラストデジタル, マカフィーに買収された. “あなたが持っている場合 25 アカウント, あなたが持っている 25 パスワード. よく, 人々は、パスワードのカップルをピックアップし、それから、そのアカウントのすべてのためにそれを使用する傾向があるので、それはそれらのすべてを覚えておくのは難しい. 彼らはへの道を発見した場合、ハッカーはこのような習慣を知っていて、, 言う, あなたのVerizonのアカウント, 彼らはおそらく同様に自分のFacebookやAmazonのアカウントに入ることができることを知っている. それは非常に危険な波及効果だ。 "

記事全体を読む

LogmeOnceと, もう一度パスワードを決して忘れません

報道による: ジェシカ·ウィリンガム

Heartbleed, ほぼ全員の暗号化を明らかにし、その超破壊的なバグ, パスワード, ハッカーへのユーザー名およびデータは新しいクリプトナイトを持っている. 絶え間なくパスワードを変更したり、時代にさよならを言う, 一体, 彼らは最初の場所であるか思い出そうと. パスワード狂気の作成と覚えて、簡単かつ完全に安全にする新しい技術に挨拶.

LogmeOnceは暗号化されたUSBを使用したパスワードの保存と創造プログラムです 2.0 安全に保存されたパスワードを維持するための技術. LogmeOnceは多数のアカウントごとに、安全なパスワードを作成し、あなたのためにそれらを覚えているだろう. そうです - あなたのパスワードをすべて, 今までに, 1つのUSBドライブに.

記事全体を読む

出会いLogmeOnce, これまでに作成した単一の最も便利なUSBスティック

報道による: ブラッド·リード

世界はUSBスティックのスイスアーミーナイフの準備ができている? LogmeOnce, 引き上げることを目指している新しいキックスタータープロジェクト $50,000 その多目的USBメモリの, それがあることを賭けている. LogmeOnceは安全に保管し、データを暗号化するだけでなく、安全なパスワードボールトと電話の充電器として機能するわけではないだけのUSBアタッチメントです.

それはパスワードセキュリティに関して言えば, LogmeOnceは、すべてあなたの最も重要なウェブサイトのためのあなたのパスワードをすべて保存し、唯一のあなたがそれらのロックを解除するために1マスターパスワードを覚えておくことが必要とする、1PasswordのやのLastPassなど、他のパスワードサービスの多くのように動作します. このマスターパスワードも暗号化されたファイルにアクセスする権限のないユーザーを防ぐために、USBスティックの内容を保護するために使用されている.

記事全体を読む

LogMeOnceパスワードVaultを組み合わせ, セキュアなUSBドライブ & 一緒に充電器

報道による: アンソニー·ガーランド

キックスターターは、夢が現実になることができる素晴らしい場所です. ただの魔法の国のような, あなたは実に奇妙なものが表示され、十分長い旅の生活に来れば. USBベースのパスワードツール/フラッシュドライブ/携帯電話の充電器を見てみたい? それがここにあります, 実際に, それは誰かの想像力から出て春にかけての最新の発明の一つである.

名前が示すように, LogMeOnceは何よりもまず、パスワードの保管庫です. それは、ソフトウェアベースの暗号化に依存していながら、, 我々は、各ドライブはドライブとソフトウェアの間の安全な活動を処理する固有のIDトークンが埋め込まれていると言われた. このセキュリティトークンの重要性は、ソフトウェアがハードウェアの改ざんを検出できるようにすることです.

記事全体を読む

LogmeOnceはデジタル·セキュリティーが簡単になります

報道による: ブラッド·メリル

McLean Kickstarter project LogmeOnce aims to simplify the protection of your privacy and online security with its password manager and secure USB storage device.

LogmeOnceの後ろの共同創設者ケビンとマイクShahbaziです.

ケビンは過去にいくつかの成功を収めている企業を共同設立しました, 応用技術など、, トラストデジタル, eView技術, とアボカドのセキュリティ. トラストデジタルモバイルセキュリティと暗号化のリーダーになりました, そして複数のVCラウンドを上げた後, それは法人McAfeeに買収されました 2010.

マイクは企業セキュリティの分野でのゴーへのソースとして自分自身を位置づけています, シングルサインオンとID管理市場に特に焦点を当て. 彼は、米国のようなクライアントのために、様々なID管理プロジェクトのシニアテクノロジストとして活躍しています. 政府や大企業.

記事全体を読む

10 パスワードに関する重要な事実は、あなたがまだ知らないかもしれない

報道による: Charmonスタイルズ

何が正しいパスワードを選択するよりも、あなたのデジタルセキュリティにとってより重要ではない. 次の点を考慮して 10 あなたが正しい選択をするのに役立つ事実.

ほとんどの人は、彼らがパスワードを使用する必要がある複数のシステムを有している. それは良いアイデアということはない, しかし, それぞれに同じパスワードを使用する. 時々, 固有の要件による, それも、のオプションではありません. いかなる場合でも, ソフトウェアシングルサインオンを使用すると、1の後ろに覚えておく必要のあるすべてのパスワードを保存する簡単な方法です. ちょうどその1パスワードを入力してください, およびソフトウェアのシングルサインオンは、すべての残りの部分を入力処理します.

人々が自分のパスワードについての取得の主勧告の一つはランダムなものではなくても、単語や単語に加え、いくつかの数字を選択することです. それが原因ブルートフォース攻撃として知られているハッカーの方法のためです. それは最終的に右の1の土地まで、基本的に可能ひとつひとつの単語と数字の組み合わせを入力することで動作するソフトウェアです. 文字の完全にランダムな文字列を選択してください, しかし, あなたは、この方法を耐えることよりよくできるようになります.

記事全体を読む

Dropboxの暗号化機能を追加LogMeOnceパスワード管理ツール

報道による: ストレージレター

LogmeOnce , パスワードのセキュリティおよび管理システム, その26層オンライン保護ツールのDropboxのセキュリティの追加を発表しました. これは、パスワード管理のためのソフトウェアツールを提供しています, 追加のストレージとDropboxのファイルの暗号化をハードウェアUSBキー

トラストデジタルでの経験をオフ新鮮, 法人McAfeeに買収された 2010, 創設者ケビンとマイクShahbaziは4月にLogmeOnceを開始しました. LogmeOnceは、ボード上のパスワードマネージャを使用してファイルを実行するために暗号化されたセキュアなUSBスティックを提供する唯一の企業です, 認証鍵の第二の要因として、 (トークン). おそらく最も重要な, これは、OEMソリューションではありません, むしろ、エンドユーザー向けにゼロからLogmeOnceによって完全に開発された1.

LogmeOnceを使用すると、コンピュータ上の暗号化されたフォルダを作成することができます, USBとDropboxの. また、自動的にPCやDropboxのにあなたのUSBファイルをバックアップで. ユーザーは、クライアントアプリケーションを使用してファイルを転送するとき, すべてのファイルは、AES-256暗号化で暗号化され、パスワードは保護されています. これがその利点のうちのいずれかのDropboxのを削除せず、必要なマイグレーションはありません.

記事全体を読む

5 ハッカーからパスワードを保護するためのヒント

報道による: ジュリアン·フック

デジタル時代は完全に我々はすべての種類のデータを保存し、共有する方法に革命をもたらしました. これは無数の方法で社会に恩恵を受けている, もちろん. 残念ながら, また、それが簡単に彼らが見ることを想定していない情報を手に入れるために詮索好きな目のために作られている. それが一週間のように思えるこの頃は、別のハッカーのニュースはなしで行っておりません, またはハッカーのグループ, システムに侵入し、それを自分の道を持っ.

ハッカーの犠牲になる人々の増え続けるに参加しないようにするに, 次の点を考慮して 5 そこからパスワードを保護するためのヒント.

  • 簡単に1を選択しないでください
  • すべてのために同じパスワードを使用しないでください
  • セキュリティの質問は簡単にしないでください
  • 定期的に変更する
  • ニーモニックデバイスを使用

記事全体を読む

Heartbleedについて混乱? ウェブヘルプがあり

報道による: フリオオヘダ-サパタ

ケビンハウルだった「かなり黙示録先週「Heartbleed「オンラインセキュリティ上の欠陥について聞いたものを,"と彼は言った. たとえそうであっても, 他の多くのコンピュータユーザーのような, セント. ポールの男は様子見の態度を採用し、何の行動も起こしていない.

このHeartbleedは、インターネットの中心に襲ったとの報告にもかかわらず、, とパスワードの裸の何百万を築いた, 一度安全であると考えられたクレジット·カード番号や著名なサイトの他の情報.

週末に, しかし, ハウルは1Passwordのを立ち上げました, 約にパスワードを保護し、自分のコンピュータ上のソフトウェア 120 彼が使用していますウェブサイト. 彼は、以来、すべてのサイトを訪問されました, そのパスワードを変更し、今後の参考のために1Passwordの中でそれを離れて挟み込む.

ハウル, 誰が少し強迫」としての地位を説明します,別の強力なパスワードで自分の既に強力なパスワードを交換するの真っ只中に "彼は言ったの"。 "

記事全体を読む

LogMeOnceは暗号化されたUSBとPassword Managerのキックスターターのキャンペーンを開始

報道による: デビッドGutbezahl

セキュリティは、インターネットだけでなく、企業にとっての主な関心事である, しかし、個人のための余りに. ハッカーはパスワードを望む, 彼らは不注意な個人から盗むことができるように彼らに重要な金融および識別データへのアクセスを与える. 人々は、複雑なパスワードを作成することをいとわないかもしれないが, 各アカウントの新しいパスワードは、人々が行うことはあまり喜んで何かある. これは、それらのすべてを覚えておくことは困難であることができる, したがって、人々は、アカウントのさまざまなパスワードの小グループを交互に. これは、Facebookへパスワードが侵害された場合, 銀行口座のパスワードは非常によくあまりにも危険にさらされる可能性があります.

4月に 3, キックスターターキャンペーンはそれが簡単に人々がそれらを覚えてしようとしているの手間をかけずに様々なパスワードを作成できるようにすることを目標に発足した. LogMeOnceは、すべて1のセキュリティ·ソリューションで開発されている.

LogMeOnceの製品, LogMeOnceコンソリ, ファイルの確保の上でパスワードマネージャや電話の充電器として機能し、セキュアUSBです. USB自体はパスワードで保護されます, 誰もあなたのファイルに入ることができないという意味, そしてあなたのUSBを紛失した場合, 彼らはアクセスを取得する方法を知らなくても表示されますすべては、USBドライブに空である. この上に, USBは、あなたが知っている誰もが、暗号化コードを提供します, でもLogMeOnceは、コードを持っていない, ファイルに保存されているすべてのデータが完全にアクセスする誰もが、あなたのために読み取れないことを残して暗号化することができることを意味.

記事全体を読む

次の大きなものか: ウェアラブルに関する陪審出

報道による: デビッド·フリス

ケビンShahbazi, LogMeOnceと呼ばれるアメリカの服の最高経営責任者, 私たちが知っているようにワシントンDCから電子メールで送信すること、それら, あまりに, パスワードマネージャ·オン·ア·スティックを開発しました.

「お使いのコンピュータにLogmeOnceパワーのUSBプラグを. シングルナビゲートしやすいダッシュボードから, 開きたいパスワードで保護されたサイトやファイルをクリックしてください. 付与されたアクセス … 簡単に,」と彼は書いている.

記事全体を読む

LogmeOnce - オールインワンパスワード管理ソリューション

報道による: MaxKoe

デジタル時代は続けている, 私たちは忘れないために必要とされるパスワードの数は、これまで以上に広大で困難に成長. 私たちの多くは, このメモリ挑む大失敗に当社のソリューションは、私たちのデジタルのすべてのドメインで1共通パスワードを持つことである. LogmeOnce, パスワードマネージャ, セキュアUSB, と電話の充電器ソリューション, 私たちのオンライン生活がより簡単に、より安全にするに挑戦を取る.

LogmeOnceのための開発者は、「軍事レベル「AES-256暗号化と2要素認証を使用して、すべてのデータがプライベートであることを確実にして確保している. あなたは、USBの上のすべてのオンライン·資格情報を保存するか, クラウド上の, あるいはあなたのパソコン上の.

パスワード管理システムは、完全に新しい何かではなく、LogmeOnceは必ずしもとにかく車輪の再発明はありません. ただしん, 今日存在するすべてのパスワード管理スイートとの良好なものはすべてを取ると1小さくて便利な傘にそれらを持って来る.

記事全体を読む

LogmeOnce: 最もセキュアUSB + パスワードマネージャ - キックスターター

報道による: JDアロイス

今週は間違いなくハイテク角度は、当社のクラウドファンディングのメールボックスも続いている. しかし、そこには、これらの日の技術と科学に焦点を​​当てた、信じられないほどクールなクラウドファンディングのキャンペーンがたくさんあり​​、生態系の進化に合わせて、私はより多くを期待. それについて考える - メーカー空間が劇的に変わりました. 以前の製品の現実への考えのプロセスは年を要した. 今念慮からマス市場への販売は数ヶ月で達成することができます.

パスワードを懸念, DropboxのセキュリティやHeartbleed? セキュアUSB, 暗号化ストレージ, 電子メール, ゲーム, プリンタ & ビデオの音楽ファイル

LogmeOnceを使用すると、コンピュータ上の暗号化されたフォルダを作成することができます, USBと今のDropbox. LogmeOnceも自動的かつ安全にお使いのPCまたはDropboxのにあなたのUSBファイルをバックアップ. ユーザーがLogmeOnceクライアントアプリケーションを使用してファイルを転送するとき, すべてのファイルは、自動的にAES-256暗号化で暗号化され、パスワードは保護されています. これがその利点のうちのいずれかのDropboxのを削除せず、必要なマイグレーションはありません.

記事全体を読む

LogMeOnceは1つの中に3つのガジェットを組み合わせ

報道による: 何スナイダー

オンラインセキュリティは、人々の恐ろしい数は少し注意を払うものの一つです, 彼らは危険に身を置いている知っていても、. Heartbleedバグが明るみに出ているので, ますます多くの人々が最終的に彼らが彼ら自身を保護する上で勤勉である必要があることを把握している, あなたは、常にウェブサイトに数えることができないので、あなたがあなたのためにそれを行うために訪問. パスワードは防御の最初の行である, しかし、ほとんどの人は非常に弱いものを選択. 問題なのは, 他の誰かが、多くの場合、推測することは困難で、パスワードを作成すると、自分を思い出すことができないパスワードを作成するにつながる. 私は私のリストを持っている (あなたはそれを行うことになっていないにもかかわらず、), 私は正直、それらすべてがまっすぐに保つことができないため、.

LogMeOnceは、USBフラッシュドライブを搭載した安全なパスワードVaultを組み合わせた, ちょうど良い測定のためだけでなく、充電器にスロー. その主な機能は、パスワードの保管庫としてある, あなたのデータを保護し、また、それとの干渉を検出するためのソフトウェア暗号化だけでなく、埋め込まれた固有のIDトークンに依存している. 加えて, また、データ·ストレージの16ギガバイトまで提供, そしてトップモデルにもiPhoneと互換性のある充電器が含まれてい 4, 5S, AndroidおよびiPad. 内蔵電池は、電力だけ1000mAhのを運ぶ, それはあなたの緊急呼び出しが行わ取得するのに十分だ.

記事全体を読む

パスワードのセキュリティが心配? LogmeOnceしてみてください!

報道による: TechMASH

Heartbleed状況に関するニュースがたくさんあり​​ました, これは、見出しを個人への攻撃の脅威を叩く前に, 財務および事業のオンラインアカウントは常に存在しており、将来的には、まだ存在します. 彼らのオンラインの安全性とセキュリティを心配し誰もがすでにこの分野の助けを探しまわってされる可能性があり, 我々はLogmeOnceパスワードマネージャを見て服用している理由である. これは、一緒にソフトウェアとハ​​ードウェアをもたらすシステムです.

あなたはこのサービスに取得することで、安全かつ確実に、あなたのすべてのアカウントを管理し1ダッシュボードです. それは次のように動作します; あなたが暗号化されたUSBキーを取得, そうであっても負けは世界の終わりではありません. 各USBはパスワードで保護され、独自の暗号化キーが付属しています. ユーザーがログイン情報を格納する場所を決定することができます, コンピューターで, USBまたはクラウドストレージオプション. それはそれである, 今、すべてのユーザーが行う必要があります開かれLogmeOnceサービスを使用してログインし、すべてのユーザーアカウントを使用したダッシュボードにアクセス.

記事全体を読む

LogmeOnce暗号化されたUSB

報道による: thegadgetflow

LogmeOnceはソフトウェアである & ハードウェアのパスワードマネージャ. あなたのパスワードを覚えておく必要はありませんので、我々はLogmeOnceを開発. あなただけのアクセスを得るためにマスターパスワードを覚えておく必要が. ハードウェアとソフトウェアは、安全な方法のLogmeOnceにパスワードの残りの部分を覚えて使いやすい, スーパーセキュアな, 便利すぎる. それはあなたの人生を簡素化するために開発された製品です。.

記事全体を読む

ガジェット & 女性のためのショッピングのアイデア

LogmeOnceは完全なパスワードマネージャです

報道による: シエラモニカBで編.

LogmeOnceはキックスターターで発売し、新しいプロジェクトである, とすぐに私は説明を読んで私の注目を集めている. これは一箇所ですべてのパスワードを保持し、任意のアカウントに自動的にログインするための最新のソフトウェアのセキュリティ技術を搭載外観と動作するUSB​​ストレージデバイスとしてではなく来るポータブルデバイスである. この他, バッテリーがなくなるとLogmeOnceもスマートフォンを充電することができますし、緊急コールを発信する必要がある.

それがどのように機能するかについては、それを簡単にする, パスワードマネージャを使用すると、内蔵のUSBストレージ上の重要なファイルを保存しておくことができ、それらにあなたが内容を見ることができ除いので、誰が暗号化されていません. ドライブのロックを解除するには, あなたがいなくてもLogmeOnceの雇用者がアクセス権を持っていることを入力する独自のキーが必要. あなたはオンラインアカウントにログインする必要があるとき, Password Managerは、自動的にログインが行われますので、パスワードを覚えて入力する必要はありません. すべてのパスワードを管理するには, you have to access your online account at LogmeOnce.com and input your unique key.

記事全体を読む

ただキックスターターにリリースLogmeOnce暗号化されたUSBおよびパスワードの管理

報道による: レイチェルヴィンセント

LogmeOnce is an all-new encrypted USB and security password administrator. 彼らはただキックスターターにリリース, あなたはそれを検討する必要が.

あなたのセキュリティパスワード二度と心に留めておく必要はありません. あなたは非常に強力なセキュリティパスワードを作ることができます (個人が覚えておくことは非常に困難である) あなたとLogmeOnce店、それらを. あなただけの、基本的に、単にあなたがチェックアウトしたいWebページのアプリを選択しては、軍事レベルのセキュリティと、新しい画面で設定を始めている. それは素晴らしいです!

LogmeOnceと, ユーザーは自分の記録のために非常に強力なセキュリティパスワードを作成し、念頭に置いてそれを維持を心配する必要はありませんすることができます. LogmeOnceのダッシュパネルショップシングルサインオンのための広範な機能を備え、ユーザーのWebサイトや、セキュリティのパスワードをすべて (SSO), 識別管理 (ID管理) と追加のセキュリティ対策の様々な. ユーザーのマウスは彼らのダッシュパネル内のアプリをクリックしたときに、, それは新しいウィンドウを明らかにし、顧客は即座に軍事レベルのセキュリティとそのアカウントにファイナライズされる.

LogmeOnceは、パネル上のオンラインセキュリティパスワード管理者に情報をもたらすために確保し、保護のUSBキープを提供する唯一の企業です, と検証鍵の第二の態様として、 (トークン). おそらく最も重要な, これはOEMの救済策ではありません, むしろ、エンドユーザーのためのベースから上LogmeOnceによって完全に設計された1.

記事全体を読む

ただキックスターターにリリースLogmeOnce暗号化されたUSBおよびパスワードの管理

報道による: レイチェルヴィンセント

キックスターターは予測できない. 今日、私は最近、大きな図となっている目的をcrowdfounding人気サイトに登場したプロジェクトをご紹介したい $ 500,000. LogmeOnceです 3 で 1 我々のデータを保存することができますUSBスティック, 暗号化された形式でパスワードが含まれ, と私たちのスマートフォンを充電.

アイデアは、最も革新的な中ではありません, それは私たちが毎日定期的に使用しているものを組み合わせたようだが確実に、このプロジェクトは本当に興味深いです, 当社のスマートフォン向けUSB充電になるまで. アクションでLogmeOnceを示す短いビデオを、次の.

記事全体を読む

メリーランド大学HACK AFTER – パスワードの強度の重要性

報道による: 広報バズ

超える 300,000 教員の記録, スタッフと学生がコピーされました, ハッカーの社会保障番号へのアクセスを与える, 学生証番号と誕生日.

メリーランド大学はますます広範囲にハッキングやデータ侵害と思われるもので、数週間前にちょうど最新の統計になりました. 通常、ハッカーは、セキュリティに開いたドアを通って取得することができます, しかし、学校関係者によると、, ワシントンポスト経由, 「これらの人々は、このデータを取得するには、いくつかのロックを通して選んだ。「これは、彼らが、パスワードと暗号化の弱点を悪用していることを意味します.

ケビンShahbazi, LogmeOnceの最高経営責任者(CEO), パスワードの強度に十分な重点が意外にまだ存在しないと言っている.

「それは我々が起こることを継続してこれらの主要なハックのすべてを見ているだけで驚くべきことだ、それらの多くを防ぐことができた,「Shahbaziは言う. “メリーランド大学の違反は、脆弱なパスワード、我々は、オンラインとオフラインの両方に直面している他のセキュリティ上の課題を持っていることの現実を示しています. 私は確かに自分のパスワードを変更するには、学生や教職員を奨励する, 文字のユニークな組み合わせでそれらすべてを強くする, 数字と記号。 "

トラストデジタルでの経験をオフ新鮮, 法人McAfeeに買収された 2010, LogmeOnceの創設者ケビンShahbaziとマイクShahbaziは自社の署名製品のリリースに近づいている. LogmeOnce Password Managerは、ユーザーが安全に1ログインで任意のデバイスからログインできます, クラウドでデータを保護, 自分のデスクトップでも、USB. また、多要素認証をサポートしています, 大幅に時間を削減し、彼らに心の安らぎを与えている間の努力のユーザーは自分のアカウントを管理する必要があろう.

記事全体を読む

あなたはHeartbleedのバグについて知っておくべきこと

報道による: ジョン·イーガン

Heartbleedのバグはあなたのためにいくつかのオンライン心痛の原因になっている? あなたもHeartbleedが何であるかを知っていますか?

あなたは根っからの専門的でない限り, あなたは完全にインターネットの最新のセキュリティ恐怖で何が起こっているか理解していない場合、それは理解できるだ. ここに, 我々はHeartbleedとは何かを説明, それはあなたがそれについて何ができるかが発生し、何ができるか被害.

Heartbleedとは何ですか?
Heartbleedバグはセキュア·ソケット·レイヤーの欠陥を悪用 (SSL) OpenSSLに呼ばれる人気の高いオープンソースソフトウェアの. SSL (また、HTTPSとして知られている) ユーザのWebブラウザとWebサイトがホストされているサーバーの間の暗号化された接続を確立し、標準的なセキュリティ技術である. 「暗号化は、インターネットセキュリティに不可欠である,「ベタービジネスビューローは述べています.

記事全体を読む

毎日のガジェットインスピレーション

報道による: エヴァンVarsamis

LogmeOnceはソフトウェアである & ハードウェアのパスワードマネージャ. あなたのパスワードを覚えておく必要はありませんので、我々はLogmeOnceを開発. あなただけのアクセスを得るためにマスターパスワードを覚えておく必要が. ハードウェアとソフトウェアは、安全な方法のLogmeOnceにパスワードの残りの部分を覚えて使いやすい, スーパーセキュアな, 便利すぎる. それはあなたの人生を簡素化するために開発された製品です。.

記事全体を読む

パスワードマネージャ + 暗号化されたUSB + 2要素認証 (2FA)

報道による: crazyengineers.com

LogmeOnce日常必要性を満たす. ハッキング得ることについてこのごろ気にならない人, 自分のパスワードを忘れて, 彼らは脆弱なパスワードを持っているので、または単に脆弱性がある? LogmeOnceは、安全を提供しています, 紙切れにこれらの懸念や急いで書かれたパスワードに使いやすい代替.

これにより、パスワードマネージャとの「オールインワン」のUSBです, セキュアで暗号化されたUSBデータストレージ, と2FA. さらに, LogmeOnceは3パスワード保存オプションをエンドユーザーに提供し、市場で唯一の企業です。. あなたは、あなたの資格情報を保存することができる 1) 雲, 2) 自分のデスクトップ, 3) LogmeOnceセキュアUSB. 関係なく、パスワードの格納場所の, パスワードは、AES-256で暗号化されている + HASH & 塩漬けの. さらに重要なことには, あなただけが暗号化キーを保持する.

記事全体を読む

LogmeOnceはパスワードマネージャの早期登録者にUSB暗号化ソフトウェアを蹴る

報道による: ロリーLidstone

音声バイオメトリクスのような代替案が実行可能になるまで, モバイルおよびデスクトップユーザーは、パスワードで立ち往生している. 幸いにも, パスワードはLogmeOnceのような企業に単純で簡単感謝を使うようにする方法があります, 総合的なID管理とシングルサインオンソリューションを提供. 実際には, LogmeOnceは最近、さらに消費者を保護するのに役立つツールをリリース, サイバー侵害から企業とそのパスワード.

すべてのベスト, LogmeOnceの新サービスのコピーのために早期に登録した人は、そのUSBストレージのための同社の軍用レベルの暗号化ソフトウェアの無料コピーを入手します.

“私達のサービスに, ユーザーが簡単に自分の多数のパスワードを管理することができます, しっかりと安全に, 悪意のあるハッカーに対する積極的な姿勢として、,” ケビンShahbaziは言った, LogmeOnceの最高経営責任者(CEO), 文中の. “明らかに, 我々は見ているハッキングのすべてと, この機能のための巨大な需要があります, そして私たちのプログラムは、消費者と企業の情報を保護する方法の改善に向けてのエントリポイントを提供します. 加えて, あなたは、特定のウェブサイトにあなたのパスワードを忘れてしまったかどうかを心配する必要は決してないだろう。”

記事全体を読む

LogMeOnceパスワードを管理します: ケビンShahbaziへの賛辞, 最高経営責任者(CEO)

報道による: スーザン·ユースティス

我々はそのようにパスワードのセキュリティによって挑戦される, パスワードは制御可能ではありません. LogMeOnceはそれを管理するためのユーザーフレンドリーな方法を作成します。. 本当の問題は、消費者は、彼らが思い出すことができないパスワードを作成することです. またはそれらがハッキングされたパスワードを作成する. パスワードが強すぎると人は入ることができない.

情報が座っている場所のエンドユーザーは知らない. それは、これが人々のための問題である脆弱性が存在し、クラウド上にある場合. セキュリティが問題である. クラウドのセキュリティは、業界が不可欠です. パスワードのWebサイトを作成した銀行の支店長のように、彼はパスワードを検索し、見つけてアクセスすることができました, 一部のエンドユーザーは、セキュアな方法でパスワードを記憶することができません. LogMeOnceはそれがあるべきようなパスワードを提供しています, 暗号化され保護された, ポリシーベース, 生産性向上ツールとして目的としたフェデレーション. LogMeOnceは、ウェブサイト上に示されるように、以下の機能を提供することができる: HTTP://www.logmeonce.com

記事全体を読む

かつて私のログを記録

報道による: 博士レティシア·ライト

これで、空いているUSB暗号化ソフトウェアを使用することができます. それが安全であるとAndroidやiPhoneで使用することができます. ここでは、かつて私がログインしていないときに起こることがいくつかあります:

格好の標的であることはありません:
私のパスワードがクラックされてきた, 盗まれたとハッキング. Fraud and identity theft starts with users like me who may be employing weak or easy to guess passwords.I could have prevented hackers from capturing one of my passwords and easily find a way to daisy chain to pick my other remaining passwords! 今, 私も自分のアカウントにログインできません, と私はロックアウトされています. 私は激怒しています.

利便性 + セキュリティー:
認証情報を保護. 軍用レベルの暗号化技術を使用して、パスワードとIDを保護しながら、安全なコンピューティングを楽しむ. それは簡単です. ゲットアウトオブボックスの一般的なアプリケーションとの統合, Googleアプリを含む, Salesforce.comと、より多くの. ウェブサイトのカタログからアプリを選んで、あなたが行く準備ができている. 高いセキュリティと迅速な実装があなたの投資と値に速い時間に、より良いリターンを意味します. 利便性 + セキュリティー.

記事全体を読む

アプリの何百ものLogmeOnceによってあなたのために事前に統合されています:

  • gmail
  • eby
  • luf
  • jal
  • myspace_0
  • blogr
  • relttc
  • chrm
  • tyta
  • pnc
  • tumblr
  • cmnap
  • junpr
  • evrnot
  • gm
  • hotml
  • klm
  • drop_0
  • nfl
  • sap
  • amzn
  • gwu
  • airfc
  • ford
  • umd
  • flickr
  • quick
  • twtr
  • cti
  • yaho
  • blogr_0
  • adp
  • facbook_0

LogmeOnce経営陣の経験は、:

  • nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
marketing automation